Motion Mountain - モーションマウンテン - 運動山

物理の本

Wonder and Thrill on Every Page - 驚きそして興奮各ページに

logo

pdf日本語物理学の本。ボリューム2の無料ダ ウンロード:相対性理論。初版、336ページ、50メガバイト。Translated by Hirooka Megumi.

See also his physics blog at http://physics-sunnysidehill.blogspot.jp.

物と像、空っぽの空間やヒトはどうやって動くのか。運動とは何か。

色はどのようにして現れるのか。愛と花火とチョウの共通点は何か。筋肉はどのように仕事をす るのか。空中浮遊は可能か。「量子」の意味はなにか。タイムトラベルは可能か。自然界の最大の力とは何か。宇宙は 一組か。まだ未解決の物理の問題は何か。

こういう疑問をこの本で調べ始めると、夕日を見たり、音楽を聴いたり、絵を描いたり 、恋をしたりといった他のどんな楽しみにも負けない喜びが得られる。

pdf  Free download - 無料ダウンロード - volume I - FALL, FLOW AND HEAT         (140 MB).

pdf  Free download - 無料ダウンロード - volume II - RELATIVITY         (50 MB).

pdf  Free download - 無料ダウンロード - volume III - LIGHT, CHARGES AND BRAINS         (80 MB).

pdf  Free download - 無料ダウンロード - volume IV - QUANTUM THEORY: THE SMALLEST CHANGE         (20 MB).

pdf  Free download - 無料ダウンロード - volume V - PLEASURE, TECHNOLOGY AND STARS         (70 MB).

pdf  Free download - 無料ダウンロード - volume VI - A SPECULATION ON UNIFICATION         (14 MB).

この無償の本は運動についての科学、すなわち、物理学に関するものだ。好奇心の強い男性、女 性、男の子、女の子向けで、どのページもおもしろく、驚きに満ち、読みごたえがある。数式はほとんど用いず、日常 のできごとの観察から出発し、物事の一番おもしろい側面である「動く」ということについて記述している。力学、熱 力学、特殊相対論、一般相対論、電気力学、量子論、そして現代の統一への試みについて書かれている。これらの分野 のエッセンスは非常に単純な言葉でまとめることができる。例えば、この本では、最小エントロピー、最大速度、最大 力、最小電荷、最小作用の帰結として現代物理学を書いている。

この本には、物理の各分野における、最良の話題、最新の研究結果、すぐれたアニメーション、 すばらしい図、興味深い物理パズル、物理への興味をかきたてる話を満載してある。700を超えるアニメーションや図、 120の表、1900の問題が載せられ、1100の内部リンクが張られている。

現代物理学についてのはじめの5巻は、学生や教師に限らず、自然の正確な記述に興味をもつ人に とって有用なものだ。それでは満足できない人のために、第6巻を追加した。ここでは、時空の限界とそこで見つかる不 思議な事柄について述べる。英語で書かれたものは2000ページ以上ある。フランス語では最初の700ページ、スペイン語 では80ページ、ドイツ語では100ページ読むことができる。

モーション・マウンテンは、何年もの間、年間3000回以上ダウンロードされている。目的は最良 の物理学の初等本を提供することにある。改良のためのアイデアをお持ちの方は、Author & errataに書き込んでもらえ ば、とりいれてみようと思う。価値ある指摘をしてくださった方には、acknowledgement listやsponsor listに追加を したり、薄謝を送付いたします。

To donate to the project, click here:

PayPal

The proper use of your donation is controlled by the German tax authority. No profit is made: of the sum spent for this project so far, less than a quarter has been covered by donations.

 
 
 

This is only a typographic test for the upcoming volume: